OASIS®brand FLORAL FOAM - スミザーズオアシスジャパン

オアシス® フローラルフォーム
マックスライフ

OASIS Floral Foam Maxlife

驚きの進化を実証

試験の内容と詳細結果

花保ち実証ムービー

オアシス®フローラルフォーム マックスライフと従来フォームの花保ちを14日間比較しました

試験期間
14日間
試験花材
試験花材:バラ/サムライ、ガーベラ/バナナ※ 水揚げ後、24時間バケツ管理後フォームへ挿す
※ 水足しはなし
※ 従来品フォーム=オアシス® フローラルフォーム
試験場所
FAJ花保ち試験室
試験環境
気温:25℃
湿度:60-70%
照度:蛍光灯下で1000ルクス程度
日長:12時間(6:00〜18:00まで照明)

切花の重量試験

試験風景-写真

切花重(固体の重さ)の推移-グラフ

試験結果まとめ

オアシス®フローラルフォーム マックスライフでは、切花への給水が従来品よりスムーズに行われるので、切花に含まれる水分量(=重さ)の数値が高いことがわかります。 ※ 試験結果は、試験環境、温度、湿度、切花生産環境等により異なる場合があります。

茎焼け度合いの試験

試験内容
1日目、7日目、14日目の個体の茎焼け度合いを記録
試験花材
ガーベラ:ヤヤ、バナナ※水揚げ後、24時間バケツ管理後、フォームへ挿した状態からそれぞれ4個体の1日目、7日目、14日目の茎焼け度合いを記録
試験場所
FAJ花保ち試験室
試験環境
気温:25℃
湿度:60-70%
照度:蛍光灯下で1000ルクス程度
日長:12時間(6:00〜18:00まで照明)
試験風景
より正確な数値を出すために、一本ずつ計量しました。※従来品フォーム=オアシス® フローラルフォーム 試験風景-写真
試験結果まとめ

従来品に比べて茎の変色、茎焼けが軽減されています。また、水が茎中に十分供給されているのでフォームにしっかり固定され、14日後も挿した部分と茎との隙間やぐらつきがありませんでした。 ※ 試験結果は、試験環境、温度、湿度、切花生産環境等により異なる場合があります。

to Top