OASIS®brand FLORAL FOAM - スミザーズオアシスジャパン

フローリスト

Florist

箆津昌文さん(フラワーショップ アスター)

2014/03/02

■地元で愛される花屋さんが、いちばん

「あのお店に行ったら大丈夫だよ」と思われる花屋でいたいですね。この地元に店を

構えて商売をやらせてもらっている以上、地元で愛される花屋さんがいちばん。その

ために、花の産地にこだわって仕入れて、新鮮な状態で提供することを第一に考えて

います。「あと2~3日なら保つけど……」みたいな限界に来ている花はお

売りしません。だけど、いつも来てくれる特別なお客さんに「これ、もうお売りで

きない状態なんですけど、よかったら1日でも2日でも飾ってください」って、サービ

スでお付けすることはあります。それが1週間ぐらい保ったりして、すごく喜んでく

ださいますね。

 Notsu_FI1

 

■渡す相手の情報を聞き出してオーダーメイド

こだわった産地から仕入れているが故に、それなりの価格(=安くない)になります。

安い花を買うお客さんも多い中、どうやって生き残っていくのか?

そうすると個々のお客様に合わせたきめ細かいサービスをしていかない

と厳しい。さらに御来店いただくお客様へのサービスはもちろん、ギフトにも力を入れざるをえない。

うちはオーダーメイドということを強く謳っています。

(アレンジメントを)サンプル的に作り置きしておく方が、回転もいいし売上も上がるんですけど、

うちは一人ひとりに合わせてお作りします。渡す相手の細かい情報を聞き出して、

その人をイメージして、自分の店のカラーも足して仕上げる。

それを(もらった方に)気に入っていただければ、今度はその方から注文が来て……という繰り返しです。

 NOTSU_FI2

 

■若い人の色彩感覚や生け花から学べること 

10代や20代前半のお客さんは、色の感覚が私たちの世代とは変わってきてますね。

自分たちにはタブーだった色合せも、「この組み合わせ、アリなんだー!」みたいな

ことが多い。その感覚について行くのが大変です。

そういうお客さんには自分のスタイルを押し付けません。その人が求めてるものを作ることで勉強になるので。

最近のギフトの傾向としては、色合わせ的なものが多いですよね。

でも、これからは、いかに一輪一輪の個性を引き出したものを提案できるか?

その部分は、いま習ってる生け花が少しずつ活きてきてると思う。

生け花の教室では先生に「バランスはとれてるけど、面白くないんだよ」って言われたりします。

花屋のギフトは大抵が、パッと見たときに違和感のないものを作ることが多くなる。

でも生け花だと、バランスも必要だけど、それを崩した自分の世界が必要になってくる。

同じ生けるにしても、目線が違うとここまで作るものが違うんだなって。すごく学んでますよ。

年を重ねて頭が硬くなると、そこから伸びないでしょ。

若い人の色彩感覚もそうですけど、「取り入れる」ことを意識するのが大事だなって思います。

 Notsu_FI3

to Top