OASIS®brand FLORAL FOAM - スミザーズオアシスジャパン

フローリスト

Florist
花への想いや、お仕事の上で意識されていることなど、
フローリストの方々に様々なお話を伺います。

荒木聡さん/フラワーショップ花武

2019/05/31

花屋としてデザインも大事ですが、それよりも大事にしているものが「品質」「花もち」「提案」「感動」「笑顔」「こだわり」「わくわく」といったことをいつも心掛けています。

品質へのこだわり

自分が良いと思うものだけを仕入れてきます。最終的に、お客様のところに行くものなので、

お客様に喜んでもらうための最善を尽くしたいと考えています。

そのためにも、産地さんの情報を得るために、訪問もします。色々本音で語ることができるいい関係を作ることが必要だと感じます。訪問して話さないと分からないことがまだまだ沢山あると思います。 

また花もちも品質の重要な要素なので、仕入れてきたお花の手入れもしっかり行っています。花もちが良い方がお客様には喜ばれますから。

バーでのアレンジはオペラで。

お客様に感動してもらい、笑顔を見たくて、色々な提案をできるように。

お客様の要望は様々で、特に予算は幅が広いです。

ひょっとしたら、そのお客様にとっては一生に一度しかない大事なお花かもしれないと思うと、予算に見合う色々な提案ができるようにならないとダメだと思います。

お客様に提案した内容に感動して頂き、喜んでくれている笑顔を見るとこちらも嬉しくなりますし花屋で良かったなと思えます。

スタンドにはマックスライフのデカを使用。

 

いつもわくわくしながら仕事をすることを心掛けています。

自分自身が楽しくないと今の若い世代にも花屋さんで良かったと思ってもらえないんじゃないかと思います。お客様にもこのお店なんだかつまらないと思われてしまうと、せっかく来店していただいたのに申し訳ないと思ってしまいます。わざわざ足を運んで、自分の店を選んで来てくれてるのですから。商品だけでなく、お店の雰囲気作りもプロとして大事な要素だと思います。お店の雰囲気も品質の一つとして考えますから。

 

to Top